診療案内

風疹について

妊娠中に風疹に感染すると赤ちゃんに様々な障害が出る可能性があります。
妊娠を希望されている方は事前に風疹抗体を測定し、抗体が低い方は妊娠前にワクチン接種を行うことをお勧めします。
ワクチン接種後は2ヶ月間避妊をすることが必要です。
妊娠を希望される方とそのパートナーの方は名古屋市に住民票のある方は抗体検査や麻疹風疹ワクチンを無料で受けられる場合があります。

子宮頸癌ワクチンについて


子宮頸癌はヒトパピローマウイルスというウイルス感染が原因で、日本では年間約1万人が罹患し2800人が亡くなっています。
このヒトパピローマウイルス(HPV)を防ぐのが子宮頸癌ワクチンです。
現在公費接種となっているのが2価ワクチンと4価ワクチンです。2価ワクチンは子宮頸癌の主な原因となるHPV16型と18型、4価ワクチンは16型・18型に加え尖圭コンジローマの原因となる6型・11型に対するワクチンです。
小学校6年生から高校1年生の女子が接種対象となっており、初回、初回から2ヶ月後・6ヶ月後の3回接種が必要なため、高校1年生の9月までに開始すればすべて公費接種で受けることができます。
また、今年9つの型を防ぐ9価ワクチンが承認され日本でも接種できるようになりました。現在のところ9価ワクチンは公費接種ではなく自費で接種を受けて頂く形になりますが、当院でもご希望の方は接種を行っていますので詳しくはクリニックにおたずねください。